宮城で暮らす日々とお家と日々の勉強

住環境工房 想創の若輩社長の日々の出来事や仕事、暮らし、時々、音楽とテニス

明けましておめでとうございます。
本年も  住環境工房 想創  を宜しくお願い申し上げます。


2019年で平成が終わる。色んな見方があるなと、平成ど真ん中を過ごしてきた自分的には、一つの時代のくくりがイイ意味でも、悪い意味でもリセットさせるんだろうなと。
今年は激動の時代に突入すると思っています。年末に、チーム想創にはお話したんですが、2019年は、我慢の年になってくるんじゃないかと。マイナス的なイメージではなく、時代が変わろうとも、絶対に変わらないものを、再確認するための我慢だと思っています。



前にブログで書きましたが、想創の理念を書かせてもらいました。

一、お客様の想いを創り、豊かさを育む住環境を想造します。

一、自然と共生し、健康への「じんち」を造ります。

一、持続可能な社会を目指し、能力を高め、実践します。



これらは、僕らの存在の道しるべです。この言葉に落ち着くのに、結構時間かかりましたね。このハイテクで生産性優先の時代に、非効率と言われるようなことをやって決めたものです。この一つ一つの言葉に意味があり、エビデンスを用意してます。



2019年の想創は、この理念に乗っ取り。地域のために、一つ一つの家族のために、
邁進してまいりたいと思います。


ファイル_000
_MG_1844-HDR

















今年も終わりですね。
2018年。1年通して、お会いした方々、感謝申し上げます。


頑張ってくれたスタッフ。弊社を見つけご依頼いただいたお客様。最前線でモノづくりに携わる職方の皆様。ご相談に乗っていただける諸先輩・友人たち。支えてくれる家族。


そんな方々に囲まれて、過ごせていると実感できる1年でした。


物件もそうですが、多くの出会いがありました。出会いと刺激と学び。
ある共通のテーマでいろんな方に出会え、いろんな角度からの刺激を
頂きました。



想創は年が増すごとに、チームとしての結束力が増しております。弊社のスタッフ
だけではなく、職人さんも巻き込んで。



そろそろ、自分が最前線一人では難しいくらい、お客様からも住まいに対する
ご相談を頂いてきました。来年は、日本全体で我慢の年だと思っておりますが、
スタッフともども、チーム想創は多くの人の笑顔が作れるパフォーマンスができるよう
成長していきたいと思います。


年末、皆様ご自愛くださいませ。


DSC_3992_34209





















さて先週末は土日2日間で完成見学会でした。
雪が降り、足元が悪い中、各地から足を運んでいただいた
いろんなご家族様方、ありがとうございました。


そんな日だったので、蓄熱効果がとても分かりやすい!
稼働して4日ぐらいでしたが、ほんのり温かいが体感でき良かったです。


密度の濃いお客様が多く、建物について細かい所まで、聞いて頂けたので
嬉しい限りです。(職人さんたちが喜びます。)特に空気環境をどうしているのかという
ご質問を頂いたので、写真では伝わらない部分を見ていただけたのではないかなと。


お話していると、とても敏感に雰囲気を感じていただいていたので、
もっと、ゆっくりとお茶しながら話したかったです!



S__42885123



子供たちもサンタを迎えるためにガーランドづくりに黙々と熱中しておりました。
弊社の準備部隊も楽しんでる姿をみて喜んでおります。



また、年明けもイベントをやりますので、ぜひぜひ。

S__42885124











↑このページのトップヘ